技術仕様・機能

  • SuperPod WiFiインターフェース トリプルバンド、同時に使用可能な2.4GHzおよび5GHz 2x2 MIMOと5GHz 4x4 MU-MIMO の802.11b/g/n/ac無線 2.4GHz無線の20/40MHzと5GHz無線の20/40/80MHzの動作帯域幅 AC3000 ギガビットWi-Fi (400 + 867 + 1734 Mbps) ワイヤレス・オンボード・インターフェース Bluetooth® Smart Ready WiFiチャンネル 米国とカナダは1-11 その他の国と地域は1-13 米国とカナダは36-48と149-161 その他の国と地...

  • Wi-Fi6を備えたSuperPod (SuperPod AX)と初代のSuperPodは、常に協力し合って作動し、ご自宅でWi-Fiを使用できる範囲を広げます。 1000平方フィート(93平方メートル)以上の住宅には、複数台のSuperPodsがあると理想的です。   Wi-Fi機能 初代のSuperPodは、トライバンド802.11ac Wi-Fi接続に対応しています。一方で、Wi-Fi6を備えたSuperPodはトライバンドWi-Fiに対応しているだけでなく、802.11ax(Wi-Fi 6)にも対応しています。 802.11axは、Wi-Fi規格の最新世代です。 802.11ax...

  • PowerPodはデュアルバンドの802.11b/g/n/ac Wi-Fi無線に対応しています。 理想的な実験環境で、PowerPodに接続された単一のデバイスのWi-Fiの最高速度が350Mbpsに達するのを私たちは確認しました。 SuperPodはトライバンドであり、4x4 MIMO Wi-Fi無線にさらに5GHzを追加することにより、家中のあらゆる場所でのスピードや受信範囲を大きくしています。 実際の環境でみると、ゲートウェイPodから1ホップの距離にあるSuperPodとつながった単一デバイスの最高速度が400-450Mbpsに達することが期待できます。  理想的な実験環境下では...

  • Plumeは、[Networking Mode]が[Auto](ブリッジ)に設定されているときは、IPv6に対応しています。Plumeが[Auto](ブリッジ)モードになっている場合、ルータがIPアドレスを分散させているため、エンドクライアントデバイスへのIPv4およびIPv6の伝播が可能になります。 現在、Plumeは[Router Mode]になっている場合、IPv4のみをサポートします。    Plumeをブリッジモードに設定するにはどうしたらいいですか?

  • PlumeはPoE (Power over Ethernet: パワー・オーバー・イーサネット)に対応していません。Plumeにケーブルで接続してPoEデバイスを実行することはできません。別の電源が必要です。コンパクトな設計を維持し、スタイリッシュな外観にするために、この点を考慮して当社のポッドは設計されています。 Plumeポッドは、ACコンセントに差し込む必要があり、PoEで駆動することはできません。 

  • PlumeはWPSに対応していません。WPSはWi-Fiネットワークを確立する手段として安全性が低いと見なされているためです。  WPSなしでプリンタに接続するにはどうしたらいいですか?